1人暮らしから憧れていた2人暮らしのための引っ越し

私は高校卒業とともに、東京で1人暮らしを始めました。
それから1人暮らし生活も6年経ち、付き合っていた彼氏と半同棲状態が半年経ち
同棲を始めるために、引っ越しをすることになったことについて
振り返って書いてみようと思います。

1人暮らしから2人暮らしへの引っ越し作業

1人暮らしから2人暮らしへ変わるために引っ越し作業も1人での引っ越し作業とは若干違うものがありました。
まず、大きかったのは家電製品や大きな家具の処理についてです。
家電や、大きな家具は2つ同じものがあってもしょうがないので使用年数が少ない方を引っ越してからも使うことにして
使わない方の家電などは処分することにしました。
そこで粗大ごみでだすことも考えましたがどうせだったら売れないかなと思い、リサイクルショップの見積もり依頼をしました。
実際買い取ってもらえたのは洗濯機のみで、しかも1000円と安かったですが粗大ごみで出すよりはよかったと思います。
また処分する費用もかからなかったので、捨てようと考えている人は1度リサイクルショップに見積もりしてもらうことをお勧めします。

2つの家から1つの家へ引っ越す場合の引っ越し方

次に2つの家から1つの家へ引っ越しするときに疑問だったのは、引っ越し業者に頼む場合、トラックなどはどうしたらよいかということです。
この経験はしたことがなかったし、周りの友達でも同じ状況のような人がいなかったので、サイトなどで調べたりしました。
さすがに引っ越し作業を自分たちですべて行うのは厳しかったので、まず引っ越し業者に電話して相談しました。
2つの家から1つの家へ引っ越しをする場合、1つのトラックで回ってもらった方がよいのか、それとも2つのトラックで別々に引っ越しを行ったほうがよいのか。
結果は後者でした。
引っ越し業者や、引っ越し先の駐車場の状況などにもよるかと思いますが値段で比べたら小さいトラックを2台借りた方が安く済んだし、効率もよく引っ越し作業にあまり時間をかけずにすみました。

いざ2つの家から1つの家へ引っ越したら

引っ越し業者に荷物を運んでもらい、いざ新しい家になり、荷物を片付ける作業になったとき、効率よく片付けるために事前にだいたいのものをどこに片付けるかを決めておいたのでスムーズに引っ越し作業をすることができました。
それから、引っ越す前に荷物を段ボールに詰めるときも、引っ越したあとのことを考えて片付ける場所が同じものをまとめておいたのもよかったなと思いました。
たとえばキッチン用具と洋服などをまとめてしまってしまったら、段ボールを開けて片付けるときに違うスペースに運ばなくてはいけなくなり、作業効率が悪くなります。
また、どこに何を置くか決めておかないと、これはどこに置こうか、片付けようか、と悩んでしまいその時間がもったいないです。
なので、引っ越す前に事前に考え、決めておくことで効率よくスムーズに引っ越し作業ができたと思います。

私の体験談はいかがでしたか?
2人暮らしを始める方だけではなく、1人暮らしでも引っ越しをする方には役立つポイントもあったかと思います。
いらなくなったもの、新しい家に持ち込まないものはリサイクルショップで見積もってもらったり、荷物をまとめるときは引っ越した後のことを考えて
荷物をまとめたりすれば大変で時間のかかる引っ越しも少しはスムーズに行えると思うのでお勧めです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
引っ越しを機に、Pocket Wi-Fiから固定の光回線へ乗り換えた理由
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP