小さな引っ越しは大手業者ではなく個人事業主もおススメ

引っ越しをする際には、なるべく費用を抑えて引っ越しをしたいとみなさん思われるかと思います。
私の引っ越し体験談を元に、出来るだけ安く引っ越しが出来る方法を皆さんにお伝えしたいと思います。
地域によって異なると思いますが、参考になれば幸いです。

まずは業者選びから。私は赤帽にしました。

大手引っ越し業者が多く存在しますが、私はあえて赤帽を選択しました。
というのも、私の場合同じ団地内で賃貸アパートから一戸建てへの引っ越しだったので距離が短い上に荷物もそこまで多くなかったからです。
赤帽は大手業者さんとは違い、小型のトラックでそこそこの量は積んでくれるし、運んでくれる方も個人事業主なので、いろいろと融通が効くのではないかと思い、赤帽さんに依頼をすることにしました。
それと、たまたま知人に赤帽をされている方が居たので、知らない人に運んでもらうよりは、知っている人の方が信頼もあるしいろいろと頼みやすかったのもあるので、それも赤帽さんを選んだ理由の一つでした。

知り合いでもまずは見積もりから依頼しました。

いくら知人だからとは言っても、見積もりも出してもらわずにそのまま作業をしてもらってからお金を払うのは怖いので、後々トラブルにならないようにまずは見積もりから依頼しました。元々相見積もりをして天秤にかけるようなことはする気はなかったのですが、これは大事な事なのでしっかりと手順を踏んでから引っ越しはした方が良いと思い、見積もりをお願いした所、心よく受けて下さり、見積もりを提示して頂きました。すると、赤帽さんは作業する人数によって料金が違う事が分かりました。一人手伝いの方を呼ぶと、その人の人件費がかかるとの事だったので、自分たちで赤帽さんの手伝いをして費用を削る事にしました。

引っ越し当日。男性陣で赤帽さんの手伝いをして費用を浮かせました。

迎えた引っ越し当日。その日は父や兄といった男性陣に手伝ってもらい、冷蔵庫や食器棚に洗濯機といった重たい物を、赤帽さんとペアになって運んでもらいました。
素人が運んでキズとがつかないか非常に心配でしたが、赤帽さんが用意していた毛布などを駆使して、父と兄に傷がつかない運び方を教えてくれながらの作業だったので無事に新居が傷つく事無く、荷物を運んでもらう事が出来ました。
荷物が少ないと言っても、意外と全部引っ張り出してみるとたくさんの量になり、赤帽さんのトラックに全部入りきらなかったのですが、小物は自分たちの自家用車に積み込み、何とか一度の移動で全部の荷物を運ぶことが出来ました。

私の例の様に、荷物があまり少なくて引っ越しの距離が短い場合には、大手業者さんのみならず地元の赤帽さんのような業者に依頼をして、自分たちで出来る分は自分たちですることで引っ越し費用を抑える事が出来ると思います。
皆さんも引っ越しをする際にはその規模に応じて業者さんを選んでみてはいかがでしょうか?

Menu

HOME

TOP