たいした理由もないのに引っ越しを繰り返した日々・・・

世間一般の引っ越し回数がどんなものかはわかりませんが、うちは比較的多く引っ越しをしたかもしれません。
家を建ててからは引っ越していませんが、アパート暮らしの時は頻繁にしていた部類に入ると思います。
やはり賃貸のいいところは嫌になれば引っ越せるという強みですよね。
そんな中での引っ越しの思い出を書いていきたいと思います。

引っ越しと引っ越しの間が数カ月

普通賃貸契約などをすると2年ごとに更新なので、それを機会に引っ越しを考える人も多いと思います。
あとは転勤とか家庭の事情などもあって突然引っ越しなどもありえますが、そうでもないときは疲れるしお金かかるしあまり何度もしたいものではないですよね。
うちは結婚してすぐは私が住んでいた1人暮らしのアパートにとりあえずの新居として夫の荷物だけを持ってきて住んでいました。
というのは市営住宅の申し込みをしたから空きがでないと入居できないのです。
それまでのつなぎとしてそのまま住んでいたのですが思いのほか早く空いてしまって、3カ月くらいで市営住宅に引っ越しました。
ただ、市営住宅は新しいところもあれば古いところもあり、うちが住んだところはボロなうえに市街地から外れた田んぼだらけの場所でなんだかなぁという感じでした。
安いイメージがありますが、子供がいない夫婦が住むとたいして安くないんですよ。
ここなんか住みたくないなっていう陰気な雰囲気もあり、また引っ越しを考えました。
しかし市営住宅から市営住宅って普通は無理なんです。
そこで考えたのは県営住宅です。
市営はだめだけど県営は県で管理しているので、次は新しめのところを狙って申し込みました。
ちなみに申し込んだらすぐに空きが出てしまい、おそろしく早いスピード(二ヶ月後)でまたの引っ越しとなりました。

綺麗だけど居心地が悪いのでまた引っ越し

県営住宅に引っ越しして数年は住んでいましたが、こういうところは子供がいない人が住んではいけないような気がしました。
周りが子だくさんが普通で、それを中心に回ってる風な感じがしました。
駐車場でも階段でも子供が走り回っているし昼間や夕方は奥様たちが子供を遊ばせつつ井戸端会議が何時間も続きます。
子供がいないうちは会話に入れないし、子供がうざいとすら思いました。
車にボールなどが何度もぶつけられても、出入りするのに子供を引きそうになっても何も気にしていない様子。
私は人づきあいが苦手なので、この環境はすごくストレスでした。
そのせいか県営に住んでいる間子供ができませんでした。
結婚して5年経っていたと思います。
なんだかつまらないのでパートに出ることにしました。
そしたらなんと更新のときに家賃が恐ろしく高くなっていました。
普通は奥さんや子供の控除があるようですが、パート収入も合算されて高くなってしまったようです。
所得に応じて値段が決まるのでどの家も家賃が違うんですね。
もはやなんのためにここにいるのかわからなくなり、またまた退去を考えました。
夫もこの環境は好きじゃなかったようであっという間に一般のアパートに移る相談は決定となりました。

若いというだけで無茶ができるというものです

今思うとなかなか出来ないことと思いますが、若かったことと子供がいなかったからできたことでしょう。
引っ越しをしたら貯金がほぼゼロになりました。
ここまで引っ越ししたせいもありますが・・・
県営に住んでいた時期に夫は会社を辞めて無職時期があったのであまりお金がなかったのですが、それでも引っ越しを強行してしまったので・・・
さらに、アパートに引っ越して一カ月後に妊娠しました。
やはりよほど県営の環境が悪かったのでしょうね。
ですから引っ越ししてから出産までの間相当節約しました。
夫婦だけだと意外となんとかなるもんで、その後子供を産んでからもせっせと節約し、子供が3歳のときには一戸建てを建てて現在に至ります。
今振り返るとよく不安とかなかったものだなって笑えてきます。
病気をするかもとかずっと失業するかもとかほとんど考えませんでした。
環境が悪いのに耐えて耐えてそこにずっといるほうがよほど体にも精神にもよくないと思います。
といいつつもう40代半ばの今、もうあれだけの引っ越しはできないししたくないです。
とても疲れるので・・・
いつか住宅ローンが払えなくなったらアパートに住むことがあるかもしれませんが、なんとなくそのくせが抜けないのか荷物をあまりためないような習性がついています。
いつの間にか荷物って増えるものですよね。

アパートから一戸建てに引っ越すのはよくあることですが、アパートからアパートやマンションへは特別な理由がないと大変だしあまりしたくないですよね。
荷物が多かったりすると余計に面倒です。
でも近隣の住人とのことであまりにストレスがたまるときは、引っ越しするのはとても精神面で良いので何かぱっとしないと思うときは環境を変えるのはお勧めです。

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
引っ越しを機に、Pocket Wi-Fiから固定の光回線へ乗り換えた理由
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP